about

concept

〈毎日をご機嫌に〉暮らしを彩るハンドメイド雑貨

〈毎日をご機嫌に〉暮らしを彩るハンドメイド雑貨

女性は、なんだかんだで自分のことが後回し。

家族のために毎日、一生懸命がんばっていますよね。

hitotoiroは、そんなあなたに、

〈毎日をご機嫌に〉過ごしてもらえるお手伝いができたらと、始めた雑貨店です。

〈毎日をご機嫌に〉過ごすためには、気持ちの余裕が必要。

忙しい毎日の中でも、可愛いものやキレイなものを見つけて、触れて、

ちょっとでも、気持ちに余裕を持ってほしいというのが店主の願いです。

そうすれば、家族にも自分にも優しくなれて、みんなが幸せになれる!と考えています。

お店に訪れる、たくさんのお客様が

「きれいなものに囲まれると癒される」とおっしゃいます。

可愛いハンドメイドの雑貨を通して、

あなたが、少しでも元気になってくれたら嬉しいし、

次の日も頑張れると思ってくれたら、とても嬉しいです。

毎日が今よりもっと楽しくなれるもの。品よく、生活になじむもの。

「みんなが笑顔になれる」

そんな暮らしを彩る素敵な雑貨をお届けします。

店主のごあいさつ

ご挨拶

〈その「人」ならではの「色」を楽しむ〉がお店の名前である「hitotoiro(ひとといろ)」の由来です。

私は長い間、ハンドメイドアクセサリー作家として活動をしてきて、活動10年目で、生まれ育った地元に「hitotoiro」をオープンしました。

私がお店をやる理由は2つあります。

[1つ目の理由]

「地元をハンドメイドを通して豊かにする」ということ。

生まれてからずっと住んでいる長岡京市。

これからもずっと住んでいく土地なので、いつか地元の人に向けて何かできないかと思っていました。

可愛いものや、キレイなものには、人を元気にさせてくれる力があります。

作家時代から、、お客様が可愛いものや、キレイなものをご覧になって、楽しく、生き生きとした表情になる場面にたくさん出会ってきました。

ハンドメイドで作られたものには、作家の思いやストーリーがあり、 その人にしか出せない「色」があります。

その「色」に、ぜひ触れてみてください。

きっと気持ちが豊かになれると思います。

ご挨拶

[2つ目の理由]

「これからの作家さんを応援したい」ということ。

私は、作家時代、たくさんの店舗でお世話になり、たくさんの方の力を借りて、ここまで来れたと思っています。

だから、今度は、私がこれからの作家さんを応援したいのです。

私もうまくいかなかった時期がありました。

周りには趣味の延長だと言われました。

それでも、本気でハンドメイドを仕事にしようと思って活動を続けて、今があります。

最初は「自分なんて・・・」と自信がなかった私でしたが、たくさんのお店を通じて、たくさんのお客様に出会うことができ、ハンドメイドを仕事にできて、自信がついて、人生が楽しくなりました。

そういう経験があるからこそ、たくさんの作家さんに自信をもって活動してもらいたい!と思っています。

ハンドメイドを通して、お客様と作家をつなぎ、

〈毎日をご機嫌に〉過ごせるお手伝いができる

ハンドメイド雑貨店でありたいと思っています。

hitotoiro 店主 前田ユリ

hitotoiroでは、作家さんの募集をさせていただきます。
店内奥にあるおしゃれなワークスペースで個展やワークショップなど、自由に取り組んでいただけます。